kisekisupport’s diary

様々な経験と感動を記していきます

般若心経

西遊記でお馴染みの三蔵法師は本名を玄奘(げんじょう)と言い

西暦600年に中国で生まれました。

そして29才の時に、天竺(インド)に仏教の勉強に出掛けまし

た。

途中、様々な苦難を味わい天竺に到着しました。

三蔵法師は16年間、仏教を勉強して、西暦645年にたくさん

梵字(古代インド文字)で書かれた仏教聖典をもって天竺から

長安(中国)に戻ってきました。

それから死ぬまでの二十年間、たくさんの経典を中国語に翻訳し

ました。

そして、その中の一つが「般若心経」(仏説魔訶般若波羅蜜多心

経)です。

人間生まれてきた時は裸じゃないか。死んでゆく時も裸じゃない

か。

なのにいつしか、お金や物質をたくさん身にまといたくなる。

幸せが多くある人生を歩む人がいれば、不幸が多くある人生を歩

む人もいる。

どこが違うのか?

お金や物はたくさん得たのに、人生をおおらかに過ごすことがで

きない。

それは知らず知らずのうちに、心(魂)のバランスが一方に偏っ

てしまったため。

「般若心経」は一口で言えば「空(くう)」の教えだと言われて

います。

そして「空」とは「こだわるな」ということなのです。

欲や執着心を捨てれば、苦しみや悲しみから心は解放されると

「般若心経」は説いているのです。

 

どうでしょう皆さんは「空」の境地を得ていますでしょうか?

私はまだまだ修行が足りず、その境地までには至っていません。

これからも日々、精進させていただきます🙏

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com