kisekisupport’s diary

様々な経験と感動を記していきます

生きるを大切に

私は今までの人生経験や神仏の学びから人の生き死に「死生観」

現世の別れに耐性(免疫)のようなものがあると思っていました。

スピリチュアル占い「キセキサポート」

しかし数日振りに自宅の自分のベットに入り、暗く静かな時間を

迎えた時に言葉にするのが難しい深い寂しさに襲われました。

普段どんなに学び(修行)を積んでいるつもりでも、大切な人の

死はやはりダメージが大きいものです。

 

スピリチュアリストとして当然わかってはいるのです。

人の死とは永遠の別れでもないし、目には見えなくとも思いはつ

ながっていることも。

でもやはり直に触れたり、顔を見たりすることができないとなる

と寂しさがこみあげてきてしまいます。

皆さんはしっかりと「今を生きていますか?」

過去に囚われ過ぎていませんか?

執着・後悔・想い出などにしばられていませんか

未来に不安を抱いていませんか?

病気・老化・目には見えないものなど

 

人というのは本来は魂の存在で霊体です。

そこに肉体という着ぐるみを身にまとって可視化しているだけ

です。

では何でそんな事をする必要があるのでしょう・・

それは万人に共通して魂を成長させ神という存在に近づくため

です。

それが、この地球に人として生まれ、生きる本当の意味なので

す。

過ぎた無理はダメ!

でも少しは背伸びして生きないと後悔につながってしまいます。

何故なら明日が当たり前にくるという保証は誰にもないからです。

だから今日という日を、今という時間を無駄にすることなく過ご

すことが大事になるのです。

それが「今日を込めて生きる」です。

なにも神道や仏教などの学びをしたり、無理に善人面して生きる

ことを言っているのでは決してありません。

今という一瞬一瞬を大切に生きることで十分なのです。

そして全てのことに感謝する心さえ忘れなければ、それでOK👌

なのです。

どうか皆さん「今を生きてください」

そして私はしつっこいので何度でも云います。

人生とは経験と感動(喜怒哀楽)の積み重ねです。

そして価値があるから生きるのではありません。生き抜くこと

に価値があるのです。

どうか皆さん今日も笑って過ごしましょう😄

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com

 

 

義母の想い出

先日の義母の逝去に伴い、少々ご無沙汰しておりましたが、一連の

式なども済み、今日から復活したいと存じます。

この間にもコメントやブクマにスターなどを頂戴した皆さまには、

この場を借りて心から御礼申し上げます<m(__)m>

 

このところ梅雨のような陽気が続く埼玉県ですが、葬儀に関しまし

ては、現代の主流の「家族葬」で執り行いました。

私が勤めたことのある会社と段取りはしましたので、特に問題もな

く滞りなく済みました。

義母の実家のある茨城県や千葉県や東京都に住む親せきらも参列し

ていただきましたので、コロナ禍ということもあり普段はなかなか

会えない方々とゆっくり話をする時間を取る事ができました。

葬儀というのは大切な人との今世での最後の時間で悲しみや寂しさ

が大きいものですが、普段は様々な理由で疎遠になっている方々と

引き合わせていただけるという利点もあります。

ただ義母の姿がなくなることに伴い、その方々との縁が薄くなって

益々疎遠になることは出来れば避けたいことです。

確かにそのご家庭毎に事情は異なりますので一概には言えないので

すが、我が家の親戚関係は良好であると思っていますので、今後も

引き続き良好な関係を保っていけたら嬉しい限りです。

さて義母と私が知り合ってからは約40年の月日が流れました。

当時、私はまだ学生でしたが初めてお会いした時も笑顔で接して

いただいた事を覚えています。

その後、私がお宅にお邪魔するとまるで貴族や皇族、お殿様でも

お招きしたかのごとく厚遇で接してくれるような義母でした。

私がひどく体調を崩した期間、誰よりも心配して温かいお声がけを

してくれたのも義母でした。

ですので私に対する厚遇の恩を返す意味もあり、義母の体調が悪く

なるにつれ病院や施設探し等は全て私が担いました。

義母も私の意見やアドバイスは素直に聞き入れてくださり、全てを

委ねてくださいました。

そんな義母との想い出は数多ありますが、一番というか何年もの

月日が経過しても義母が私に恐縮し謝り続けたことがあります。

それは我が家族と妻の実家とで旅行に行った時の帰りの事です。

この時は日光・鬼怒川を旅して、私の関係で鬼怒川に宿泊した時

にはホテルの特別室(スイートルーム)で過ごす事ができ、皆が

最高の気分で帰路につき、もう家に着くという最後の最後に義母

が「晩御飯を作るの面倒だから食べて帰ろう」と言いました。

そして入ったお店でそれは起こりました。

我々家族一行は座敷の客席に通されました。

当時は我が子の長男がヤンチャ盛りで、ひと時もじっとしておら

ず、片時も目が離せない状況にありました。

ですので外食の際には、誰かが先に食事を済ませ交替で面倒を見

るなどの方策を取っていました。

その時は義母が先に食事を済ませて息子の面倒を見ていてくれた

のですが、その動きの激しさに手を焼いていました。

で息子が座敷を駆け回り、それを制止しようとした義母が食事を

始めた私にバランスを崩し倒れかかってきてしまったのです。

そのはずみで私は手に持っていた温かいお蕎麦をこぼし、中身の

全部を私の洋服にかけてしまったのです。

私は熱いのと食事が台無しになってしまった事に若干のショック

は受けましたが大して気にも留めませんでした。

だってもう家の近くだし、後の予定は帰るだけなので別に・・っ

て感じです。

その時に妻が「この洋服、旅行用に買ったばかりで高かったのに

、あ~あ」と言ったのです。

その一連の事象から義母は本当に恐縮し私に土下座でもするくら

いの感じで謝り続けていました。

私も当時「大丈夫ですから気にしないでください」と笑い飛ばし

たのですが、その事があって以降、事ある毎に義母はその時の事

を気にかけて私に謝るようになったのです。

それはコロナ禍前に会った時にも気にかけていたくらいです。

そんな優しくて、気遣いができて、人当たりが良くて、旅行や温

泉やカラオケが好きで笑顔が素敵だった義母には今世ではもう会

えません。

しかし初めて会った時から今まで実母のように感じてこれたのも

義母の人柄もあったとおもいますが、胃袋を掴まれたのも大きか

ったと感じています。

料理の味付けが私の味覚にジャストフィットしていたからです。

それに今私が毎日のおつとめやカウンセリング時に使用している

数珠は10年程前に義母があるお寺さんで仏様の念を入れてもら

った物をプレゼントしてくれた物です。

この数珠が私には義母の大切な形見になってしまいました。

 

と義母の想い出や話は尽きませんが、四十九日あたりまでは現幽

界という現世とあの世の間のような場所に魂はあり、お世話にな

った方々への挨拶まわりや、あの世に逝く準備を整えていること

と思います。

そして幽界~霊界(あの世)へと進んで、先に逝った義父や先祖

とも再会し昔話に花を咲かせていただきたいと思います✨

本当に84年間、お疲れ様でした。

そして本当にありがとうございました🙏

心から感謝と哀悼の意を表します。

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com

 

 

義母

昨日、義母が他界しました。

5年程前から施設で療養生活を送っていました。

ここ2年程はコロナの影響で家族も面会が叶いませんでした。

この度、体調が急変し急逝しましたが、誰も最期を看取る事も

叶いませんでした。

 

昨日のうちに私の方で段取りは済ませましたので、今は仕事の

整理とこのブログと着替え等の準備と電気・ガスなどの戸締り

に一時帰宅しました。

 

明日、明後日はブログの更新もできませんし、皆さんのところ

に訪問もできませんので、ご了承くださいませ。

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com

 

もっと私の天職を活かさねば

この間、立て続けに芸能人の二人が自死されました。

周囲は「数日前までは元気でいつもと変わらず・・」と言いますが

本人にとっては言い知れぬ深い想いをお持ちだったのでしょう。

 

昨年の日本での自殺者は2万1千人を超えています。

こんなにも多くの方が自ら命を絶つ現状を「スピリチュアリスト」

を名乗る私はただ指をくわえてみていることはできません。

ただ私の天職である「スピリチュアリスト」としての活動も9割が

相手が私を頼ってきてくれた時に成り立つものです。

スピリチュアル占い「キセキサポート」

残りの1割は、このブログのような媒体を通して「生きることの素

晴らしさ」「生きることの意味」を発信し続けることです。

私の天職であるスピリチュアリストとして生きることは、今世で天

が私に与えた使命であり義務であると考えます。

その使命をまっとうすることこそ私の生きる意味なのです。

 

人が自死するには一般的に以下のような要因があります。

〇病気(うつ含む)

〇仕事(職場)

〇人間(家族)関係

〇お金関係

〇老化

〇孤独

〇いじめ

などです。

これらが複合的に複雑に絡み合い、時に心がポキッと折れてしまい

自死に至ってしまうのです。

そして自死する方の多くに共通した思考があります。

それは「死んだら無になる」「死んだ方が周囲(家族)の為である

」「死んだら楽になれる」です。

しかし私のカウンセリングの経験から、この考え方が大きな間違い

であったと死後の世界で分かるのです。

これは私のブログ記事でも幾度も記してきたことですが、自死して

後悔しなかった人(魂)は視た事がありません。

皆、死後の世界で深い後悔をしています。

そう死んでも楽になるということは決してありません。

確かに人としての肉体は失いますので痛みは感じません。

しかし真っ暗な色のない空間で、自らが人生を途中で放棄してしま

った事実を見せ続けられるのだそうです。

それは肉体的な苦痛よりも辛いものだそうです。

そう今世を生きていて辛いから死んで楽になろうという考え方は間

違いなのです。

それは多くの人から神や仏と拝まれる存在の観音様でさえ、真の世

界(あの世)では修行を続けているからです。

ましてや魂の階層の低い民は、死んであの世に還っても魂の修行は

例外なく続くのです。

それならば、今世でどんなに辛く苦しい状況に置かれていたとして

も生きて生きて生き抜くことこそ成仏できる方法なのです。

その生き様に恰好が良いとか悪いとかはありません。

生きる長さ(寿命)も関係ありません。

ましてや現世での地位や名誉も一切関係ありません。

その人の人生を込めて精一杯に生きることこそが重要なのです。

 

少し私も心が熱くなり想いがヒートアップしてしまいましたが、

結論を申し上げると

「価値があるから生きるのではありません。

生き抜くことに価値があるのです」

どうかこのことだけは決して忘れないでください。

そして、このブログ記事を読んだ方や何らかの方法(媒体等)

で私を知り、悩みや問題を抱えていて苦しんでいる場合は、

どうか私にお声を掛けてみてください。

スピリチュアル占い「キセキサポート」

ほんの少しかもしれませんが、お力添えをして差し上げる事

ができるやもしれませんから。

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com

 

あらためて看護師稼業も楽じゃない

今日は月一の通院日でしたので朝一でお出掛けしました。

今回も無事に一番をゲットできたので思いのほか早く帰宅する

ことができました。

診察開始時間までは閑談スペースで缶コーヒーを飲みながらス

マホに目を通していました。

とにかく上島竜兵さんの訃報がニュースのトップにきていて、

ご冥福をお祈り申し上げたいと存じます🙏

 

で診療開始10分前になったので診察室に近い場所に移動し待

っていると、一人の若者が息を切らしやってきました。

そして徐に診察室のドアを叩き、出てきた男性看護師さんに

「今日体調が悪く心配な事があるから、急遽、血液検査と〇〇

先生の診察を受けたいんだけど話を通してくれないか?」と言

い出しました。

しかし看護師さんが「検査をするにしても医師の診察と指示を

受けてからでないと出来ないです。それに今日の午前中は〇〇

先生は休診ですから午後に出直す方が良いかと思います」と丁

寧に説明なされました。

すると若者は「え~電話して聞いた時は〇〇先生は居ると言わ

れたから来たんだけど~」と語気を強めました。

看護師は「いつ、お電話なされたんですか?」

若者は「そんなのは覚えてない!」と。

私はそれを聞いていて、いやいやそこ重要だろ!と思いました。

若者:「とにかく具合が悪いから血液検査だけでもやって」と。

看護師:「だから医師の指示がないとできないので、少し待ち

ますが別の先生の診察を受けるようにしたらいかがですか?と。

若者:「〇〇先生と話たいんだよ!」と看護師に詰め寄りまし

た。

私は、この前あった大阪で病院を焼く事件とかもありますし、

傷害事件になってもいけないと考え、いよいよの時は若者を抑

えるべく覚悟を決め身構えました。

看護師さんは若者の勢いに押され、後ずさりし困惑していたか

らです。

そして少しの間があり看護師さんが意を決したように

「患者さん皆さんが順番をお待ちですから、別の先生にお願い

するか、午後に出直すかにしてください」と毅然とした態度で

言いました。

すると若者がまた看護師に詰め寄りかけたので、私もイスから

腰を浮かせ臨戦態勢に入りました。

次の瞬間、若者は「じゃあもういい」と捨て台詞を残し去って

いきました。

私と看護師の目と目があったので「看護師さんも色々な患者が

いて大変ですね」と言うと「よくあることですよ」と苦笑いし

ていました。

私からすれば、そんな威勢よく元気なら具合なんて悪くないだ

ろが!と嗜めてやりたいくらいです。

理不尽なこと極まりない❕

でも本当に大きなトラブルにならなくてよかったです。

私も若い頃なら不良やチンピラ相手に幾度も闘ってきましたの

で若者が一人暴れようが何ともありませんが、いかんせんもう

中年になったし、稽古もしていませんので少しの不安はありま

す。

白状すると実は私、今では温厚で何事にも冷静に理性で対処

するというおじさんになっていますが、少年時代や青年期は

しょっちゅう喧嘩する一面を持ち合わせていたんです。

でも誤解なきように申し上げておくと、自分から、からんで

喧嘩をふっかけて手を出すということはしていません。

私はそう身体も大きくないし、自分で言うのも何なんですが

強面でもないので他人からは弱っちく見えるのか、よく絡ま

れるしトラブルにも多く巻き込まれるんです。

でも実は空手の師範や新宿のヤクザも驚くほどのパンチ力が

あるんですよ✊

なので喧嘩(格闘)で負けた経験は、あまりありません。

あくまでも若い頃の話ですからね💦

 

まぁ私のことはともかく、今日はあらためて看護師稼業も楽

じゃないなぁ~と感じた朝の一幕でした😄

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com

 

落ち込み悩むなんてもったいない

私は約27年間に及ぶ闘病から自分なりの確信めいた思考を有し

ています。

私はスピリチュアリストとして、先祖代々の因縁や自身のカルマ

の解消、霊視能力の向上のために数多の書籍を読んだり修行(実

践)をしてきました。

スピリチュアル占い「キセキサポート」

また、原因不明の体調不良を改善すべく自分なりに勉強もしてき

ました。

そんな積み重ねや実体験(経験)から以下のような考え方に辿り

つきましたので書いてみようと思います。

それは「落ち込んだり悩んでいる時間などもったいない」です。

 

人は時にひどく落ち込んだりします。

それは何故かと考えると、自身が行った事、言ってしまった事、

考えた事が間違いだったと思うからです。

でも実は人生の何事においても間違い(失敗)なんてことはない

のです。

行った事、言った事、考えた事、その全ては事実であり、人生に

おいては善き学び(経験と感動の積み重ね)でしかないのです。

これが血となり肉となり魂を成長させるのです。

 

ここで誤解して欲しくないのは、だからといって自己肯定に偏り

非を認めないということではありません。

人を傷つけたり、物質を壊したり失ったり、迷惑をかけた際には

きちんと反省すべきです。

私が言いたいのは、いつまでもクヨクヨと落ち込んだり悩んだり

しているのは「もったいない!」ということです。

落ち込んでいて誰かが慰めてくれるのを待っているのですか?

悩んでいて誰かが助けてくれるキセキを待っているのですか?

そんな時間はムダだしもったいないのです。

もし間違い(失敗)を犯してしまったら、しっかりと反省し自己

を見つめる時間を取るべきです。

ですが、それは短くて良いのです。

何故なら過ぎてしまったことは元には戻せないからです。

それなら前を向き、間違い(失敗)を糧に、その先の行動につい

て真剣に考える事の方が大事なのです。

どんな事象でも落ち込んだり、悩んでいて、そこから善い結果が

生まれるとお思いですか?

少なくとも私には善い結果は生まれませんでした。

それならば、きっちり振り返り、反省したら

「よしそれならば今後はこうしてみよう、こう考えてみよう」

前を向き歩みを進めた方が良い結果を得られることが多いと言え

ます。

悩みに悩み抜いて出した結論よりも、パっと💡閃いたことの方が

スッキリした気分でいられると思いますよ。

これは人間の誰しもが持つ勘が働くからです。

勘といっても実は守護霊様の導きであったり、宇宙の目に見えな

い力が働いていることが多いんです✨

 

どうですか皆さん、落ち込み悩むのは短く、しっかり反省をした

後には、先を見つめ歩んでいくポジティブ思考を身につけましょ

うではありませんか😄

もしどうしてもネガティブ思考が消えなかったり、進むべき方向

がみつからなかった時には私にお声がけください。

少しだけお手伝いができるかもしれませんから。

限られた今世の命なら出来るだけ前向きに明るく生きた方が良い

ですよね(*^^)v

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com

 

思い入れが違う一日

今日は私にとっては記念日です。

記念日といっても報道で騒がれているロシアの戦勝記念日では

ありませんよ💦

実は何を隠そう私の「誕生日」です。

パチパチパチパチ👏🎉💐

なんて喜ぶ年齢でもないですけどね😅

ベタですが誕生日と言えば両親に感謝する日とも言われますが

私はそれに加え、ご先祖様方や天にも感謝します。

今までの人生を振り返れば、幸不幸、喜怒哀楽、様々なことが

ありました。

ただ真に「今まで生きてこれたことに感謝」しています。

スピリチュアルに傾倒する多くの方がよく言うのは、人生とは

凸凹の波はあるものの全体を通してみれば±0だよと。

スピリチュアル占い「キセキサポート」

だとすれば私の残りの人生はV字回復⤴ということですね😄

これはマジに思っていることなのですが、私にあとどれだけの

時間が現世で残されているかは分かりません(敢えて言いませ

ん)。

ですが私はいつ死んでもいいと思っています。

何なら今日、死んでも悔いはありません。

それだけ日々を込めて生きているし、学び(経験と感動)も積

んできたし、何より現世に執着はありません。

確かに地獄を思わす日々(様々な経験)はありました。

ですがそれがあったからこそ怖いことなど、ほとんどなくなり

ました。

修行の最終目標の「死をも恐れぬ心(魂)」を持てるレベルま

で近づいているから。

若い頃は自らの境遇を恨んだこともありました。

でも今では、ここまで心(魂)を成長させていただけた宿命に

感謝しかありません。

少しは階層(魂のレベル)を上げて還れるかなぁ~と思うから。

 

私の誕生日は時期が母の日と被るので、お互いにプレゼントは

しないと決めています。

ただ心残りがあるとすれば母は私に「丈夫に産んでやれなくて

ゴメンね」と言うことがあります。

私はそれに対していつも「いやいや俺の長い闘病や試練の数々

は俺の宿命(因縁)だから仕方ないから気にするな」と。

だから私が日々、笑って過ごしている元気な姿を見せることが

最大の親孝行だと思って生きています。

まぁ、なんだかんだと能書きを書いてきましたが、普段と違うのは

いつもより強い思い入れで「おつとめ」もしたし、夜にはケーキ🎂

を食べるくらいですかね💦

とにかく世の中で大きな事件・事故・災害の起こらない一日を願い

過ごしたいと思います🙏

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問くださり誠にありがとうございました。

peraichi.com