kisekisupport’s diary

様々な経験と感動を記していきます

血の通った関係が良い

これから書く内容は完全なる私感だし、古臭い考えだと批判もされ

るかもしれません。

ですがこれは私のブログなので、ある程度は許容されると考え、書

こうと思います。

 

私は常々「人間関係は腹7分で」と申し上げています。このことに

は間違いはないと確信しております。

ですが、最近の人との出会い方については疑問符が付くと言うか、

若干の悲しさも覚えます。

先ずこのところトップニュースで報道されることの多い、全国で多

発している強盗についてです。

これがSNSで知り合った者同士の犯行で、しかも裏で操る人間も

顔バレしないようにSNSか秘匿性の高い電話で指示を出していると

か。

いかなる理由があろうが、財産だけでなく人を殺めてしまうような

凶悪犯罪に手をそめるのに、本当の顔も名前すらも知らない人間の

指示で動いてしまう怖さに言葉を失います。

そのとっかかりがSNSで「高額報酬」と検索しただけというから

更に恐ろしい。

犯罪組織の大元は、その筋の方たちでしょうから人を囲い込む事は

たやすいのかもしれませんが、実行犯の人たちは、もしかしたら最

初は金が欲しいと言うほんの軽い気持ちだったかもしれませんよ

ね。

しかし行きついた先は重大犯罪なわけです。

本当の名前も顔も知らない人間の言う事を聞いた末路がこれです。

今の私なら得体の知れない奴の言う事など絶対に聞きませんけど、

追い詰められた人間というのは、鬼にも蛇にもなるのですね。

また恋愛や結婚に関連しての出会いもまた昔とは大きく様変わり

しているようですね。

現代ではSNSを通して知り合ったり、マッチングアプリを通し

て知り合ったりする方も少なくないようです。

これを時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、そんなツー

ル内の情報なんて、いくらでも盛れるし嘘つけるんじゃないです

か?

全てとは言わないまでも、ある程度その情報を頼りに関係が構築

されていく様には、やはり恐ろしさを感じます。

だって、どんな相手か分からないでしょ⁈

恋愛や結婚まで発展する可能性のある人を探すのに、いくらきっ

かけ作りに過ぎないとは言え、PCやスマホ一台からなんて怖く

ないんですか・・

私らみたいな霊媒で霊視でもできるならともかく、多くの方の最

初はエイヤーなわけでしょ、私には恐ろしくて出来ません。

でもそれでけ皆が出会いに必死なのですかね。

私もこうしてブログも書くし、リモートでカウンセリングもするし

インスタグラムもTwitterもするし、ネットで買い物もするから全て

を否定する気はさらさらないんです。

しかし人間関係と言うのは、血の通ったものが良いと思ってしまい

ます。

私が強く言いたい事は、何事かをなすのに、きっかけや出会いがな

いと嘆きネットの世界に求める前に、現在の自己の生活や思考を見

つめ直した方が良いですよ、という事です。

何があろうが自己責任でいう強い覚悟があるならとやかく言いませ

んが、ネットの世界で何とかしようという安易な気持ちでいるなら

そのリスクを今一度考えて欲しいと思います。

取り返しのつかない事が起きる前に・・

 

やっぱり私は考え方が古く保守的なのですかね~(^^;

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました🙏

peraichi.com

 

あの世の存在を信じない方々へ

いや~今朝は冷え込みました❆我が家の辺りは氷点下7℃程で他の

地域の方々からしたら叱られるかもしれませんが、慣れていないと

身体にしんどいです💦

スキーをガンガンしていた頃は-10℃、15℃なんて当たり前の

世界にいたのに、ぬるい生活に慣れてしまうとダメですね。

明日は関東でも雪の予報が出ていますが勘弁してください🙏

さて話はかわり今日のお題に入ります。

ネットやテレビなどを観ていると、どうも割と多くの方(科学者等

含)が、人生一度切りで「あの世(霊的世界)」の存在を信じてい

ないようです。

そういう方々に私は問いたい、もし今生きている世界だけで全てが

完結し死んだら終わりというのであれば何故に人間は幸せだけを追

求し好き勝手にいきられないのでしょうか・・

苦しみなど体験せず自分の自由に生きれば良いじゃないですか・・

 

しかし現実は幸不幸が次々と波の様に訪れ、客観視すれば人生は辛

い事や苦しい事の方が多く感じるかもしれません。

もう少し言えば、何故か幸運に恵まれる人と不運に見舞われる機会

が多い人がいる不公平も感じるかもしれません。

 

では何故にそんな不公平というか不条理というか、皆が平穏な人生

を送れないのでしょうか?

それこそが「あの世(霊的世界)がある証拠」と言えるのだと思い

ます。

要するに人生とは学びであり、我々が今生きている現世(地球)と

は、魂の向上を図るための学びの場(魂の学校)であるからです。

今世一度切りで死んだらすべて終わりというなら、誰も好き好んで

辛く苦しい思いなどしません。

ですが魂というのは輪廻転生を繰り返し、永遠に生き続けるからこ

そ人は全ての幸不幸を我がこととして受け入れられるのです。

今世はこんなに辛いが、来世は幸多きものになると・・

スピリチュアル・カウンセリング「キセキサポート」

もう少しだけ言えば、魂の向上とは全知全能の神の領域を目指して

いるからです。

神とは総てを超越し、幸不幸なんてレベルのことなどなく、完全体

であると思われます。

そこに苦などというものは微塵も存在しないと私は信じています。

故に、先人たちの多くが神仏の存在に近づくべく修行を重ねてきた

わけです。

ある科学者(識者)が脳機能のデータ全てをスーパーコンピュータ

にインプットしてしまえば肉体が滅んで亡くなったとしても生き

続けられるのではないかと言っていました。

しかし私は人が生きる(人生)とは、そんなものではないと考えま

す。

人の心(魂)とは脳で考えた事(思考)などという話ではなく、

もっと繊細で神秘に満ち溢れたものであると私は考えます。

 

もしもこの記事を読んで下さった方の中で、人生一度きりで死んだ

ら終わりという方がおりましたらコメントしてください。

その方と是非ともお話をしてみたいので・・

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました🙏

peraichi.com

 

年は取りたくないもんだ

昨夜から今朝にかけて全国的に大荒れの天気でしたね。

普段はあまり雪が降らない地域でも積雪があったようですし、

それに伴う道路での立ち往生も多発して大変な目に遭った方も

多かったはずです❆

 

私が住む埼玉県中部地域は昨夜は台風のような強風が吹き荒れ

今朝は当初の予報よりはましでしたが冷え込みました。

備えとしては水道管(給湯器)の凍結防止に少しづつ水を流し

っ放しにしていたり、暖房を点けっぱなしで寝るのは身体に善

くないかと羽毛布団を一枚余計にかけて寝たら逆に暑すぎまし

た💦

雪もある程度は覚悟していたのですが、風花程度で済んだので

雪かき作業はしないで済みました。

右腕の筋肉の神経痛?が改善していない中での雪かきはキツイ

と思っていたので助かりました😅

しかし今日は気温が低いのもあり、右腕を使うと昨日までより

痛みは増しています。

50数年も生きて利き腕として酷使してきたので仕方ないのか

もしれませんが、利き腕が思ったように使えないのは不便です。

今日は日中も気温が上がらず寒い一日になりそうなので日課

ウォーキング(散歩)はしないでおこうと思います。

でも体育会系の考え方を有する私は、一日でも運動をさぼると

取り返すのに三日かかるという考え方が染みついているので気持

ち悪いんですよね~

でも無理して悪化させても仕方ないから諦めます。

しかし本当に神経痛なら「年は取りたくないもんだ」と心底思い

ます💦

あ、でも毎日のお勤めは何があろうが欠かしていませんよ✌

 

読者の皆さんの中にも記事を拝見していると持病があり辛い思い

をされている方が多いようですが、それとは関係なく、明らかに

金属疲労というか加齢に伴う障害が出ているという方はいますか?

30代くらいまでは無理も利くし回復も早いですが、50代も後半

戦になると誤魔化しすら利かなくなってくるのですね。

ヤダヤダ✋この先が思いやられるわ(-_-)

 

てなことで、今しばらく寒い日々は続き、春は先ですが体調には

十分に留意しお過ごしくださいませ(*^^)v

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました🙏

peraichi.com

 

試験の結果が全てじゃない!

今日から10年に一度レベルの寒波が列島を襲うということで

皆さんも警戒を強めていると思います。

私が住む関東地方は山沿いを除き、大雪にはならないようですが

雪の多い地域の皆さんは、どうか事故や怪我などないよう十分に

お気を付けてお過ごし下さい。

さて私のブログ記事では幾度も「運命」と「宿命」の違いについて

書いてきましたので、その解説については割愛させていただきま

す。

スピリチュアル・カウンセリング「キセキサポート」

昨日の記事で「試験の思い出」で一番印象に残っている警視庁採用

試験について書かせていただきました。

 

kisekisupport.hatenablog.com

この記事を読んで下さった方なら分かると思うのですが、この採用

試験はとても順調に進んでいました。

いや、いたはずです。

なのに何故に最終選考で不合格になってしまったのかを書きます。

 

当時の親戚に警視庁で某警察署の署長をしている方がいました。

私の子供の頃からの夢であった警察官の不合格に落胆した私の父は

この親戚に話をしたのです。

すると親戚のオジさんは「何で試験前に一報してくれなかったの

か。裏技ではないが何らかの力にはなれたかもしれない。」とまず

は言ったそうです。

そして出来るかは分からないが、一応、不合格の理由を調べてみる

と言ったそうです。

そして後日、父が私に珍しく神妙な面持ちで詫びを入れました。

「〇〇申し訳なかった。警視庁がだめだったのは俺のせいみたい

だ」と。

すると父はこう続けました。

「どうも俺が若い頃に犯した傷害の前科が問題になったみたいだ」

と。

親戚の署長のオジ曰く、縁故関係で前科者がいると不利になる事

がある。多分、それが原因だろうとのことでした。

私はその時の父との会話の記憶があり「もう過ぎた事はしょうが

ない」と笑って答えたのです。

すでにこの時に私はもう就職先が決まっており、気持ちは前を向い

ていましたので、意に介していなかったし、父を恨む気持ちもあり

ませんでした。

それまでも散々ヤクザな父には迷惑を掛けられてきたので、今更感

があったのかもしれません。

ですが父は相当にショックだったというか、責任を感じていたよう

で、他界するまで折に触れ、私に詫びを入れ続けていました。

私はその度に「もうその話はいいから✋」と笑っていました。

 

しかし、この手の話をすると多くの方は「運命」の悪戯とか、そう

いう「運命」だったんだろうと言うはずです。

現に母も妹も警視庁で刑事をしていた親戚も「お前は警察官になら

ないでよかった」と口を揃えます。

何故かと言うと、私のように感受性が強く、責任感が強すぎる人が

警察官の現実を知ったら精神をやられていたと思うと言うのです。

私自身もその意見には一理あるかも・・とは思います。

実際はやってみないと分かりませんけどね💦

 

でも言えるのは私が警視庁採用試験で不合格になったのは「運命」

ではなく必然の「宿命」であったのだということです。

何故なら試験に関しては私の実力の全てを出し切って上手くいった

し、自分が警察官に適正がないとは思えません。

ですが本当に不合格の原因が父の行いのせいなら、そんな親を選ん

で生まれてきたのは私自身だから。

それは正に「運命」ではなく「宿命」です。

もし私が仮に警察官になっていたら今の生活はないわけです。

妻とも結婚していたか分からないし、すると子供達も生まれては

こなかったし、何もかもが違う人生を歩んでいたからです。

今となっては一つの試験の結果で人生というのが大きく変わる事の

怖さと面白さを感じます。

今も受験生などは必死に頑張っている最中かもしれません。

私が言えることは、その頑張っている試験の結果が自分の望みとは

違うものになったとしても、それで絶望したりする必要は全くない

と言う事です。

人生とは何が幸いするか(禍を転じて福と為す)なんて生きてみな

ければ分かりません。

よく占いなどで「そういう運命です」などと断定した言い方をする

場合があります。

しかし人生での出来事が全て「運命」で決まっていたら、そんな味

気ないものないと思いませんか?

人生、何が起きるか分からないから生きていて楽しんですよ(^^♪

ですから一つの試験の結果に一喜一憂することなく、その時その時

を込めて生きていきましょう✌

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました🙏

peraichi.com

 

私の「試験の思い出」

今回は久しぶりに今週のお題を書いてみます。

50数年生きているうちには学生時代を含め多くの試験を受けて

きました。

大人になって、小売業の企業に身を置いている時に昇進するには

社内の資格試験に受かる必要がありました。

合格しないと係長・課長・部長と役職を上げられず、仕事の幅も

狭まりますし、要するに責任も給料が上がらないわけです。

その企業を体調不良で退職後は保険業界に身を置いたわけですが

ここでも資格を取得しないと業務が出来ません。

その後も冠婚葬祭業界に身を置いた時も資格を所得しました。

故に勉強勉強の日々だったわけです。

それに現在も行っている「スピリチュアルカウンセリング」は国

家資格試験のようなものはありません。

スピリチュアル・カウンセリング「キセキサポート」

ですがカウンセリングには、病に関連した多く相談がきますので

自分の為にもなる民間の「メンタルヘルス」の資格も取りました。

とにかく私の人生は勉強と試験の連続であったかと思います。

その中でも、一番記憶に残っていることについて書きます。

それは「警視庁採用試験」です。

高校卒業後の進路を考えるにあたり、野球⚾でお誘いのあった

大学に推薦で行くか、これもお誘いがあった大企業の社会人野球

をするかの選択肢があったのですが、大学や社会人まで野球を

続ける程に裕福な家庭環境にはないので、私は子供の頃から夢の

一つにあった警察官になろうと決心しました。

親戚には警察官が数名おりましたので、その方々からは常々「警

官になるなら警視庁だ!」と言われていました。

やはり各県警と警視庁では格が違うとの教でした。

そして受験票を手にし、当時は警視庁の警察学校があった東京の

中野に受験に行きました。

その期は高卒採用50名の枠に約1500名の受験生がいたそう

です。

30倍の難関ですので、流石に難しいかなぁ~と弱気になってい

ました。

初日は筆記(学科)試験で、一般教養から何からと小論文、所謂

、公務員試験です。

二日目は適正テストや体力測定に健康診断でした。

この二日目が特に印象的な日で、適正テストでは何故か頭が冴え

わたり、全ての設問で設定時間内に完璧にクリアできました。

体力測定でも周囲の受験生を見渡すと流石に警察官を目指す面々

だけあり、皆さん、がたいは良いし強者ばかりです。

しかし、そこも何故か絶好調で与えられた課題の全てでトップ通

過を果たしました。

自分でも訳が分からいのですが「今日は何だか調子が良いぞ」😜

と、ほくそ笑むくらいに絶好調!だったのです。

そして健康診断では、身長・体重・視力・聴力などを一通り診て

最後に医師の問診だったのですが、パンツ一丁になりカーテンで

仕切られた処に入ると、医師が座っていて、その後ろには一人の

警察官が立って見張りをしていました。

医師は問診と聴診器で診た後に徐に「はい、では立ってパンツを

おろしてください」と言いました。

私は、これか~と思いながら一気にパンツを膝くらいまでおろし

ました。

すると医師は私の局部を持ち上げたりして観察していました。

そして「はい後ろ向いてかがんで」と言われ、お尻の割れ目を

広げられ肛門を診られました。

この一連の検診は流石に恥ずかしかったです(~_~;)

この検診の意味は、いんきんや痔などがないかを診ているそう

です。

要するに団体生活や公務に支障があるものを発見するのが目的

だそうです。

この方法がモラル上、現在でもあるかは不明です。

そんなこんなの一次試験の二日間が終りました。

この段階で手ごたえを感じているとかいないとかはなく、採用

倍率30倍では厳しいだろという思いが強かったです。

ですが奇跡的に一次試験は通過(1500分の150)しまし

た。

二次試験は面接です。

これは私の得意分野というか自信がありましたので難無くクリ

アです。

極意は新聞の一般紙を読んでいること。特に社会面と社説を読

むこと。

それに近況であった事件についての意見を持っていることです。

そして私は最終選考の身辺調査までこぎつけたのです。

身辺調査では、当時は所轄の近隣への聞き込みや家庭訪問など

です。

一部で尾行の噂もありましたね。

で、家庭訪問にきた所轄の警察官が両親に「ここまでくれば内

定と思って大丈夫です」と言っていたそうです。

これを聞いた私は完全に警視庁に行くものだと思っていました。

そして大学受験や就職活動が終りを告げた2月の後半に警視庁

から一通の封書が届きました。

私は合格通知を疑わず開封したら、何と見事に「不合格」でし

た。

その瞬間、私は頭が真っ白になったのを今でも鮮明に記憶して

います。

これで私の警察官への夢は散ったのです。

これが現世での私の最大の「試験の思い出」です。

人生って、ホントに何が起きるか分からないものですよね💦

その後は縁あって、急転直下、ある企業に入れました。

そして現在に至っています。

地方公務員である警察官採用試験は大変に良い経験になりました。

法や治安を守り、拳銃も携帯する責務だけに簡単ではありません

でした。

今となっては良い思い出です(^_^)

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました🙏

peraichi.com

 

最強寒波と天体ショー

なんだか10年に一度の最強寒波が日本列島にやってくるそうですね。

私が住んでいる埼玉県中部地域でも来週の水・木・金の最低気温予測

が、マイナス8℃❆東北地方か⁈っちゅうの💦

ここまで気温が下がると水道管の凍結対策をしないと、給湯器が凍っ

て、朝にお湯が使えなくなるからヤバイわ!

雪の予報もあるし、右腕が痛くて使えない今は雪かきはキツイ(-_-)

でも、そんなこと言ってたら雪の多い地域にお住まいの方々に叱られ

ますね❆

皆さんも極寒になりそうなので、風邪や循環器系の疾患には十分に

お気を付けください。

それと寒い中で眺めるのはキツイかもしれませんが、ここ数日中は

「金星と土星の大接近」が肉眼で観測できるそうですよ☆

日没から45分程、南西の空に見えるそうです👀

同じ太陽系にありながらも、もの凄い距離にある二つの星を肉眼👀

で同時に見られるので眺めてみてはいかがでしょうか☆

お空を見上げる時にも、温かくして観測してくださいね(*^^)v

 

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました🙏

peraichi.com

 

自殺するのちょっと待って!

センセーショナルなお題で申し訳ありません。

ですが私にはどうしても触れずに通り過ぎることができない事柄の

為、どうかご容赦ください<m(__)m>

 

昨年の2022年の自殺による死者数が発表されました。

なんと「2万1584名」です。

男性が13年ぶりに増加し、中高年男性や失業者などで増えている

とあります。

わかっているだけで、これだけ多くの方が自ら命を絶たれたわけで

すね。

自殺という行為に至るには、それだけの苦しみや辛さや何らかの問

題を抱えた上でのことだと思います。

苦しさや辛さや置かれた状況が、どれだけのものなのかは正直、他

人には伝わりにくいものです。

その本人にしか分からない事も多くあろうかと思います。

現に私自身も以前に自殺を考えた経験者です。

私の場合は体調不良が続き、様々に襲い掛かってくる症状の辛さと

伴い働けない状況から生活も困窮し完全に生きる気力を失ってしま

った時期がありました。

死んだら楽になれるんじゃないか・・

死んでいくばくかの財産を残した方が良いんじゃないか・・

などと考えたのです。

正直、本当に毎日が地獄にいるようで辛く苦しかったから。

でも私は今、こうして生きています。

私がそんな地獄の苦しみから少しでも解放されたのは、神様に好か

れ、龍神様や観世音菩薩様、ご先祖様に守られている特別な人間だ

からでしょうか・・

そんなことはありません。

私が自殺を思いとどまれたのは、家族の存在も大きかったですが、

そこにスピリチュアルと仏の教があったからに他なりません。

死んだら楽になれる、とんでもない!

そんな事は決してありません。

自死した方は死後に幽界や霊界で例外なく後悔と懺悔の時を過ご

して、死して尚、苦しみを味わいます。

あの世では肉体がないので、痛みや飢えやお金の苦しみは確かに

ありません。

ですが魂は永遠ですので、記憶や思考や想い出は完全に残ります。

ですから暗く冷たい空間で繰り返し繰り返し何度も反省をさせら

れます。

それに、次に生まれかわった来世でも同じ課題(問題や苦しみ)

を経験しなければなりません。

これは嘘ではありません。私も多くの方の霊視をしたり、霊界の

多くの魂と交信したときも視えています。

スピリチュアル・カウンセリング「キセキサポート」

信じられないと言うなら、他の本物のスピリチュアリストや霊媒

師、神仏に仕える人に聞いてみてください。

なので今(今世)がどんなに辛く苦しくとも自殺なんてしても何

も終わらないし、真の解決にはならないのです。

死にたいくらいに辛く苦しいのは十分に理解できます。

でも死んでも苦しむし、来世でも同じように苦しむくらいなら、

今の人生を全うしてしまった方がどんなに幸せかわかりません。

もしもあなたが自殺を考えているのなら一度でいいから私と話を

しましょう。

どんなに難しいと思われる事柄(問題)でも、もしかしたら何ら

かの打開策がみつかるやもしれません。

それからでも事を起こすのは遅くはないはずです。

それにベタな言い方になりますが、この地球にあなたが生れてく

る確率は天文学的な数値ですし奇跡キセキです✨

そんな神様からいただいた奇跡キセキの命を粗末にしたら絶対に

ダメ✋

たいがいの事は、生きてさえいれば何とかなりますよ👍

どうか人生に疲れて死を意識したら私と話ましょう。

きっと何かが変わるはずです(^^)

peraichi.com

では今日も生かしていただけていることに心から感謝します。

本日もご訪問頂き誠にありがとうございました🙏